2016年11月26日土曜日

ネット授業II

授業の日程のない木曜日にネットを通じて遠隔の授業をした。今年に入ってからの二回目の経験である。学生たちが集まったのは、トロントにある大学。そこの先生に誘われ、日本語の勉強をしている三年生の学生たちを対象にしたものである。今度は、特設ページ「生活百景」を取り上げた。

講義はすべて日本語でとの指示を受け、その通りに進めた。普段の教育がしっかりしていることがはっきり見て取り、さほど手加減をしていないこちらの話し方にはきちんとついてくれて、ビデオカメラの画面から見るかぎりでは30人近くの学生がだれ一人注意を切らさなかった。質疑応答の時間となったら、特設ページ制作の苦労、絵巻が盛んだった時代の様子、絵をもって伝達する物語の面白み、さらに現在における絵巻へのアクセス方法など、多岐に渡りながらも要領の得た、真面目な質問がつぎからつぎへと飛び出してきた。ただそれでも担当の先生は自分のクラスの反応にどうやらこれでも十分満足したわけではなく、ネット講義の録画をあらためて見ることを学生たちに課し、その上、受講のコメントなどを書くことを要求しているらしい。そこからさらにどのような声が上がってくるやら、とても楽しみにしている。

同じキャンパス当てのネット授業は、三年前にもあった。あの時はたしか専用のビデオ会議の設備を使っていた。それに対してこんどはブラウザベースのもので対応した。実際に使用したのはZOOMという、ネット講義をホストする機関が採用しているシステムだった。驚くぐらいスムーズに接続され、スライド用のサブのスクリーンまで用意され、二時間の時差を隔てた遠距離の学生たちとほぼ同じ空間にいる感覚で自由な会話が出来た。技術の進歩をあらためて実感した。

2016年11月19日土曜日

Classical Kana

しばらく前に制作した「動画・変体仮名百語」ウェブページは、ほぼそのままの形をもってアップルのアプリになった。「Classical Kana」という名を与え、二日まえからiTunesにて公開した。いわばiTunesデビューは、個人的にはまったく新しい経験であり、この試みははたしてどのように受け止められ、どのような展開が待ち受けているのか、ただワクワクしながら見守っている。

連綿した変体仮名の短文に対して動きを通じて書写の順序を提示するというのは、この作品の狙いである。ウェブページをデザインした時点から、スマホなどの縦長の小さなスクリーンでの利用を想定していた。縦に延びる文章のありかたもさることながら、このような知識の吸収は、スマホを手にするような状況によりマッチしていると漠然と感じたからである。しかしながらこうは書いていながらも、スマホで使うアプリとパソコンでアクセスするウェブページとの違いについて、はっきりとした認識を持っているわけではない。ただなんとなくスマホのアプリとなれば、これに関心を持ってくれたり、実際に使ってくれたりする人々の顔がもうすこし見えてくるのではないかと想像はしている。なによりも隙間時間も利用可能なスマホと、しっかりと座って対峙するパソコンとは、どうも利用の状況が違う。しかもさっと取り出して真剣な眼差しでクリックして見つめるスマホは、すくなくとも大学などといった勉強の場においては、かなりの道具になっていることを実感している。はたしてこの観察は正確かどうか、思う通りにこれまでウェブページを見てくれたのともうすこし違う人々の手元に届けられるかどうか、これ自体も一つの興味深い観察対象である。

プログラミングの勉強や実践は、昔はかつてかなりの時間を費やした。ただいまになっては、そのような気力も実力もすっかり失せてしまった。そこへ思わぬサポートに恵まれた。同じ勤務校に所属する教育ツール開発のメンバーが快く制作に携わってくれて、このアプリの誕生に結びついた。そのような献身的な努力に感謝しつつ、「Classical Kana」というアプリが有意義な利用を得られるようにせつに願う。

Classical Kana

2016年11月12日土曜日

ツイッターの使い方

今週の後半、国の祝日にあわせて大学では二日の休講となっている。この日程を活かして、小さな研究交流が行われ、取り上げられたテーマの一つには、教育の現場におけるSNSの利用報告があった。招いてきた講師は、大学の教室にツイッターを持ち込んだ若いロシア文学研究者だった。そのユニークでエネルギッシュな実践からは、いろいろと有意義なヒントを得た。

紹介された利用法から、つぎのような内容がとりわけ記憶に残った。特定の講義や学習テーマにあわせて専用のツイッターアカウントを作成して、教育者が中心とする発信源とする。バーチャル的な繋がりを意図的に現実の活動と連動させ、たとえばグループによる映画鑑賞などを組織して、その場で発信をクラス活動として学生に課し、最少の発信数などを明確にして、それをそのまま学習評価の対象とする。教室の壁を乗り越えて、教育者同士の協力関係を利用して複数の大学、ひいては違う国々の組織と共同行動を起こし、交流を体感させる。ツイッターで交わされた議論はそのまま忘れるのではなく、特設のウェブページを用意して交信内容を整理した上でアーカイブし、これからの参照と再利用に備える。最後に研究者の本領を発揮して、これらの活動から生まれた研究者、教育者同士の連帯をベースにし政府からの研究助成を申請し、その下で文学教育に関連するオンラインとオフラインの活動を展開していく。

以上のような実践を聞いて、思わずワクワクしてくる。一方では、一つのプラットフォームを真剣に利用するために、やはりさまざまな場面を見極め、予期せぬ可能性を確かめておいて慎重に取り掛からなければならない。とりわけツイッターのようなサービスは、稼働の仕組みを絶えず変化しているので、このような判断はときにはきわめて難しい。

"I'd Like to Know More About ..." Workshop