2016年9月24日土曜日

図書館カタログ検索

いまや大学図書館では所蔵資料のデジタル化や全点公開が驚くスピードで進められている。今週になって個人的にあらたに気づいたのは、筑波大学図書館での公開である。所蔵の貴重書など約一万点のものを、すべて図書館検索システムに統合して、検索画面から資料をそのままブラウザの上で閲覧できるようになっていて、きれいな高精細の画像と軽快な閲覧環境が提供されていて、なかなか読み応えがある。

検索のシステムは、耳新しいもので、なによりもその名称は「Tulips Search」とあって、日本語にさえなっていない。システム開発や応用、そしてなによりも他の大学や研究機関への広がりなど、関心あることは数多くある。それはさておくとして、まずは短く検索を触っての、ささやかな苦労とやりくりをここに記しておきたい。目的は、オンライン公開をしている資料群の全容を眺めてみたい、というものだ。そこで、そのトータルのリストを出してもらおうとしたら、なかなか簡単には実現できなかった。繰り返しの試行錯誤のすえ、ようやくつぎの二つの方法にたどり着いた。「Tulips Search」の隣に位置する「OPAC検索」の画面から、「資料タイプ」として「貴重」を選ぶ(6611件ヒット)、あるいは、公開資料の図書館記録に記された「OPAC上で画像が見られます」という記述を、そっくりそのまま「Tulips Search」の検索欄に貼り付ける(9806件ヒット)。ここからさらに絞って検索を試したら、それまた不可解な結果が残る。一例として「草紙」と追加の条件を入れれば、「さうし」、「艸帋」、「雙紙」がヒットするが、「草子」は含まれていない。

「Tulips Search」の導入は、カレントアウェアネス・ポータルによれば、すでに二年半もまえのことである。ただ現在の古典籍公開の規模に達したのはいつごろだったのか、すぐには分からない。思ったほど大きな告知や、話題を攫ったほどの注目がなかったのではないかと勝手に想像してしまう。もともともしそうだったとすれば、デジタル資料がいつの間にかわれわれの日常に変わったという事実を物語るものとして、素直に嬉しい。

Tulips Search

図書館カタログ検索

いまや大学図書館では所蔵資料のデジタル化や全点公開が驚くスピードで進められている。今週になって個人的にあらたに気づいたのは、筑波大学図書館での公開である。所蔵の貴重書など約一万点のものを、すべて図書館検索システムに統合して、検索画面から資料をそのままブラウザの上で閲覧できるようになっていて、きれいな高精細の画像と軽快な閲覧環境が提供されていて、なかなか読み応えがある。

検索のシステムは、いまだ用例の少ないもので、なによりもその名称は「Tulips Search」とあって、日本語にさえなっていない。システム開発や応用、そしてなによりも他の大学や研究機関への広がりなど、関心あることは数多くある。それはさておくとして、まずは短く検索を触っての、ささやかな苦労とやりくりをここに記しておきたい。目的は、オンライン公開をしている資料群の全容を眺めてみたい、というものだ。そこで、そのトータルのリストを出してもらおうとしたら、なかなか簡単には実現できなかった。繰り返しの試行錯誤のすえ、ようやくつぎの二つの方法にたどり着いた。「Tulips Search」の隣に位置する「OPAC検索」の画面から、「資料タイプ」として「貴重」を選ぶ(6611件ヒット)、あるいは、公開資料の図書館記録に記された「OPAC上で画像が見られます」という記述を、そっくりそのまま「Tulips Search」の検索欄に貼り付ける(9806件ヒット)。ここからさらに絞って検索を試したら、それまた不可解な結果が残る。一例として「草紙」と追加の条件を入れれば、「さうし」、「艸帋」、「雙紙」がヒットするが、「草子」は含まれていない。

「Tulips Search」の導入は、カレントアウェアネス・ポータルによれば、すでに二年半もまえのことである。ただ現在の古典籍公開の規模に達したのはいつごろだったのか、すぐには分からない。思ったほど大きな告知や、話題を攫ったほどの注目がなかったのではないかと勝手に想像してしまう。もともともしそうだったとすれば、デジタル資料がいつの間にかわれわれの日常に変わったという事実を物語るものとして、素直に嬉しい。

Tulips Search

2016年9月17日土曜日

ポンチとポン地

漫画の歴史を語るうえでは、「日ポン地」の存在を避けては通れない。ただ、貴重な出版物のわりには、その全容、そしてその具体的な作風やアプローチなどがいまだ深くベールに隠されたままだ。

タイトルの意味は、あくまでも「ニッポン」と掛けた「日本のポンチ(絵)」といったところだろう。ここに、まずは「ポンチ」という言葉の生まれつきに謎が多い。いうまでもなく横浜で発刊されたあの「The Japan Punch」の系譜を受け継いだものだろうけど、しかしながら、それがローマ字表記に直されるにあたり、「パンチ」でもなければ、「プンチ」でもなくて、「ポンチ」に落ち着いだのは、どのような経緯、あるいは発音の訛が裏で作用していたのだろうか。同時代の国木田独歩による「上等ポンチ」、風刺漫画に実際に見られる「ポンチ絵」などの用例からにして、「ポンチ(絵)」という言葉への認知は、広く確認できるのだ。一方では、「風俗画報」の臨時増刊として刊行された「日ポン地」における「地」の意味についての詮索もあるようだが、おそらく特別に深意があるわけではなく、最初の「日」という文字に対応して仮名ではなくて漢字をもってきたというレイアウト上の考慮が基本だったのだろう。いわゆる変体仮名が通行していたころのことであり、「ち」と読ませる「地」の表記は、スタンダードなものだったことを忘れてはならない。

「日ポン地」には、意外と簡単にアクセスできない。国会図書館でデジタル化されたそれは、館内閲覧の対象にとどまり、ジャパンナレッジに収録されたそれも個人向けサービスでは閲覧できない。この現状は、一日でも早く変わってほしい。

ジャパンアーカイブズ